着物を着るときに身に着ける小物について紹介します

着物の小物には、着物を着付けるために必要な道具的小物と、見栄えも引き立てる小物があります。必須小物は、腰ひも、着付けベルト、伊達締め、帯板、帯枕、帯揚げ、帯締め、衿芯、半衿になります。腰ひもや着付けベルト、伊達締めは、長襦袢や着物の上から巻き付けるもので、帯板は帯の間に挟んで、帯にしわが寄らないようにするものです。帯枕は、帯でお太鼓や飾り結びをするときに、ふっくらと整えるために使うもので、帯揚げは帯枕を包んで、帯の上側を飾ります。衿芯は衿の中に通して、衿を綺麗に見せます。半衿は長襦袢の衿元にあてて、汚れを防ぐものですが、衿元を引き立たせるためにも組み合わせられます。これらの小物の中で、帯揚げ、帯締め、半衿は、着物姿を引き立たせるアクセントにもなるものなので、着物の色や柄に合わせて、いくつか持っておくと、着付けるのが楽しくなります。

小物のセットを揃えると、着物の着付けが楽しくなります

着付けに必要な小物とその使い方を知ると、難しそうに見える着付けも、ポイントがわかり、着付けの流れを覚えやすくなります。そこで、美容院などで着付けてもらう場合にも、着付け教室で着付けを学ぶ場合にも、必要な小物を揃えて持って行くようにすると、気楽に着付けに向えるようになります。必要小物は、セットで購入することができますが、帯締めや半衿等は、含まれていないことが多いので、セット内容は確認するようにしましょう。また、帯板や帯枕には形や幅、長さが色々あるので、身体に合った形やサイズのものを選ぶようにします。着付けが終わって、いよいよお出かけする時には、草履と着物用のバッグや髪飾りがお待ちかねです。草履とバッグはセットになっているものもあるので、揃えて持っておくのもよいです。

マイナスの美学が着物姿をより美しくしてくれます

着物は装いを華やかにしてくれますが、着物も帯も帯締めもすべて華々しくすると、上品さが逃げて行ってしまいます。そこで、着物を着付けるときに取り入れたいのがマイナスの美学です。例えば、帯の柄を華やかにしたい時は、帯締めをシンプルで釣り合いの取れる色のものにします。すると、帯も帯締めも品よく引き立つようになります。半衿や帯揚げ、髪飾りなども、全体のバランスを意識して取り入れると、素敵なアクセントになります。着物を素敵に着つけたら、立ち居振る舞いも和装に合わせましょう。和装の時の動作の基本は、手先と足先にあります。指と指を大きく開かないで、どんな仕草も近づけて行うようにします。足先をスマートにするためには、膝を意識します。歩く時も座る時も、立つときも、膝と膝を離さないように、できるだけ近づけるようにすると、美しい立ち居振る舞いができるようになります。