着物を着た時の綺麗に見える歩き方を説明します

日本の伝統的な衣装として着物があります。現代ではめったなことがない限り、着物を着る機会なんて巡ってこないでしょうが、いざ着る機会が訪れるとどのようにすれば良いのかわからない方も大勢います。また、着物を着た際に動きも制限されてしまうので綺麗に歩くことも難しいと言われています。そこで、着物を上手に着こなして、雅な姿を演出するための方法を覚えておきましょう。まず、着物を着て歩く際はすり足を意識しておくだけでも見違えるように印象が変わります。現代では洋服がメインになっているため、歩き方を意識することはありませんが、着物を着ている場合の履物は下駄です。足裏と下駄が離れてしまうと歩くたびに音が鳴ってしまい、不快感を与える要因にもなってしまいます。そのため、鼻緒をしっかりと挟むことを意識しておきましょう。

着物を着付けする方法と手段について

成人式や結婚式など振袖を着る機会が女性には何度かありますが、その時の着付けはお店でやってもらう方が大多数でしょう。もしくは母親などが着付け方法を知っていれば、自宅で着付けてもらうという方もいます。どちらにしても自分で着物を着付けられる人というのはめったにいません。人の着付けはできても、自分で自分を着付けることも難しいのです。けれど、着付け方法を知っておくと、自分で完璧に着付けることはできなくても、着崩れてしまったときの対処はできるようになるので、緊急事態に備えて着付けの手順を覚えておくと安心できます。まずは何よりも帯をきつく締めすぎてはいけないのです。帯を締めすぎると呼吸が苦しくなってしまいますし、食事のある席の場合、すぐにお腹が苦しくなってしまいます。そのため、一番気をつけておくべきポイントが帯の締め具合になります。

着物に必要な小道具はなんでしょう

着物というのはただ袖や裾の長い服を着ていれば良いだけではないのです。内側には襦袢を着用しますし、帯やかんざしなどのパーツによって総合的に仕上げていくものなのです。そのため、海外の方からも芸術品として称賛されるなどの価値を持っていますが、着物を引き立てるための小道具について知っておきましょう。着物というのは見えない部分に力を入れている服装でもあります。そのため、体のラインを隠すために胴回りにあてる補正用タオルがあったり、着崩れ防止アイテムのコーリンベルト、帯を結ぶときに役立つアイテムとしてクリップを用意する必要もあります。帯の形というのは綺麗な見栄えであることが大前提なので、クリップを使って着崩れないように美しく結びあげていきます。また、帯にしわがつかないように帯板というものを中に仕込んでおくことも重要になっています。ベルトタイプの帯板もあるので、これらをそろえましょう。