綺麗に見せる着物の着こなし方を紹介します

着物の着こなしでまず大切なのが、季節に合わせた素材を着ることです。どんなに綺麗に着物を着ていても冬に浴衣を着ることは、洋服でいうところの冬に半袖短パンを着ることと同じで、なおかつ寒くて選びません。着慣れている洋服で例えるとわかりやすいと思います。季節の着物ですが、1月から5月は裏地のついた袷を着ます。暖かくなってきたら6月あたりから裏地のない単衣になります。そして7月、8月は薄物になります。絽、麻などでできた夏着物や浴衣になります。涼しくなってくる9月にまた単衣に戻り、10月から袷になります。最近では、そこまで堅苦しく考えない着こなしが増えているようですが、洋服同様季節に合わせると自然とこのように変化していきます。素材もそうですが、柄、帯、帯留め、半襟などの小物にも季節があります。それらを合わせて着ることが着こなしの第一歩になると思います。

着物の着付けとは、シャツのボタンと同じ

素材のことがわかったら、次は着付けです。洋服を着て育っている現代では、着付けはとても難しく感じるのではないのでしょう。ですが本当に難しいのでしょうか。洋服で考えてみます。小さいときにシャツのボタンを上手にはめて着ていくのは1回ではできません。日々、何度も繰り返すことで徐々に上手に着られるようになっていきます。着物も1回では上手には着られないでしょう。しかし自分で着る機会を増やして、着物を着ることで、最初は時間がかかっても少しずつ慣れていき、洋服を着るのと変わらないくらいで着られるようになるでしょう。着付けを難しく感じるのは、子供の時から洋服を着ているからそのように感じてしまうだけのように思います。着付けの入門としては、夏に着る浴衣など薄物から練習していくといいでしょう。

着物を着ることで身につくマナー

着物を着ることが出来たら、美術館やコンサート、街歩きなどいろいろな場所へお出かけしたくなると思います。その際のしぐさで印象が大きく変わります。例えば歩き姿です。内股で、歩幅は狭く、背筋を伸ばして歩くことでしっとりとして上品になります。また、椅子に座るときも背中の帯をつぶさないように背もたれにもたれないように座ります。意識することもとても大切ですが、このようなしぐさは、割と着物を着ていると自然と出来てしまいます。なぜなら、腰には腰紐が結んであるので、大股で歩こうとしても足がそんなに開けません。また帯でおなか周りが結んであります。背筋も自然とスッと立ち、背もたれに寄りかかったりする姿勢も取りにくくなるからです。着物を着ることで、上品なしぐさが自然と身についていきます。

おしゃれで素敵なウェディングドレスを選びましょう。 ウェディングドレス以外にもカラードレスや和装も用意しています。 トップウェディングはブランドドレスが豊富で好みのウェディングドレスが見つかります。 提携外の式場での結婚式にレンタルする際は持ち込み料を一部負担しているので、ご相談ください。 トップウェディングは一つで全てが叶う唯一の場。一生に一度のステキな舞台をスタッフと一緒に演出しましょう。 トップウエディングで和装のレンタルをしよう